マイクロチップについて

マイクロチップの役割

個体識別

 迷子や逃走による保護、捨て犬(猫)または遺棄による飼い主の特定が出来るものです。つまり、その対象がどこの子なのか日本獣医師会により調べて連絡がいきます。

マイクロチップ(MC)には、国・メーカーコード、動物種コード、個体番号等が組み合わされた世界でただ一つの個体識別番号が標識されています。
MCを埋込んだ動物とその飼い主のデータは日本獣医師会のデータベースで管理されており、MCを埋込んだ動物が発見された時には、読みとった個体識別番号をデータベースに照会することによって、即座に飼い主の電話番号等の検索が可能で、飼い主に連絡をとることができます。
特に、地震等の大災害の際には、MCが動物と飼い主を結び付ける確実な絆となることはいうまでもありません。

マイクロチップとは

マイクロチップ(MC)は、直径約2mm_長さ約12mmの円筒形のガラスのカプセルで包まれた小さな電子標識器具です。電子標識器具というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、要するに動物の小さな小さな名札と考えてください。その中には、個体識別番号が書かれた機能や、アンテナの役割を果たすコイル等が収めてあります。また、ICチップという名前でも呼ばれています。

MCに書かれている番号は、専用のリーダーという器具を使って読むことができます。リーダーをMCに近づけると、リーダーが発する電波にMCが反応して番号を送り返します。これをリーダーが感知して番号を読み取るのです。MC自体は電源を必要としないので、電池の交換は必要なく、一度動物の体内に埋込めば一生交換する必要はありません。
平成18年の改正動物愛護管理法 施行以後、全国の自治体でリーダーの設置、MC読み取り体制の整備が急速に進んでいます。あなたのお住いの地域での取り組み状況は、各自治体の動物愛護管理担当部署にご確認下さい。

日本獣医師会HP「動物の福祉及び愛護」より 日本獣医師会HP掲載許可済)

当店での使用状況

使用マイクロチップ:「プラネットIDマイクロチップKS-S」


2003年より動物愛護法に基づき、マイクロチップ導入
当時は賛否両論でした。発見率向上や捨て犬防止等に共感頂ける賛成派と、動物の体内に「異物」を入れることに懸念を示される反対派に分かれました。しかし、2004年10月新潟方面で起こった地震「中越地震」の際に、保護犬(猫)が3割マイクロチップ入っていたことにより飼い主様との早期対面が実現したことを受け、マイクロチップへの理解が深まり、普及が促進されました。
さらに近年では2011年3月東北地方太平洋沖地震が発生。この時には保護犬猫6割がマイクロチップにより飼い主様の特定に至った。

現在先進国でマイクロチップ装填・登録の義務が無いのは日本だけ。まだまだ動物においては発展途上国なのでしょうか。このマイクロチップの義務化については環境省を中心に国を挙げて取り組まれています。
よって当店もよりわんちゃんねこちゃんが幸せに暮らせるよう、マイクロチップの啓蒙活動を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

こいぬこねこ取扱店

  1. 営業内容 こいぬこねこ販売・グッズ商品販売・トリミング・ペットホテル・しつけ教室・どう…
  2. こいぬこねこ館 日進店はカーマ竹の山店内にございます 【外観】 生体販売 …
  3. 営業内容 こいぬこねこ販売・しつけ教室・(アミーゴ様取扱⇒グッズ商品販売・トリミング・…
  4. ジャンボエンチョー岡崎店さん内にありますペッツゴーPCP岡崎2号店です 【外観】 【…
ページ上部へ戻る